大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

ホームページ制作

【2019年度版】弊社お薦めのレンタルサーバー会社

更新日:

これからホームページを制作しようとお考えの方は、まずはサーバーの契約とドメインの取得を行わなくてはなりません。

サーバーの契約とドメインの取得は、どちらもレンタルサーバー会社が提供しているため、希望に合ったサーバー会社を探すだけで解決することができますが、サーバー会社を選定する際には、サーバー料金やドメイン料金だけで決めるのではなく、価格以外にもサーバーの機能性やサポート内容も確認して選定する必要があります。

そこで今回は、ホームページを立ち上げるために、サーバー会社を探されている方向けに、ホームページ作成会社がお薦めするレンタルサーバー会社をご紹介いたします。

サーバーとは

サーバーとは、HTMLやCSS、JavaScript、画像などのデータをアップするコンピューターのことを言います。

このサーバーと呼ばれるコンピューターにホームページのデーターをアップロードすることで、ホームページをインターネットに公開できるようになります。

通常、サーバーは、自分で構築することも可能ですが、万が一何かしらの問題が発生した場合は、自分で障害対応を行わなくてはならいため、レンタルサーバーを借りることが一般的です。

ドメインとは

ドメインとは、ホームページの住所のようなものになり、例えば当ブログであれば、「webitnews.net」がドメインになります。

ドメインには、独自ドメインと無料ドメインがあり、独自ドメインは、当ブログのように自由にアドレスを設定することができますが、無料ドメインの場合は、例えばサクラサーバーの場合においては、「~~.sakura.ne.jp」のように、レンタルしたサーバー会社のドメインの先頭の文字を自由に設定できるだけになります。

そのため、サクラサーバーをレンタルしている他の会社とドメインを共有していることになるため、検索エンジンからの訪問者を集客できるウェブサイトを制作したいとお考えの場合はは、独自ドメインを取得するようにしなくてはなりません。

サーバー会社の選び方

サーバー会社を選ぶ際には、「価格」と「機能性」、「サポート」から選ばなくてはなりません。

価格

多くの方が優先しているサーバー会社の選定基準が価格になると思います。

今や、どのサーバー会社も、低価格で提供をしているため、安いサーバー会社だと月額100円程度、高くても月額5,000円程度になることが一般的です。

また、ECサイトの場合においては、サイトシールの価格も合わせて確認するようにしなくてはなりません。

機能性

価格の次に重要になるのが、機能性になります。

例えば、無料SSLは提供されているのかや、PHPのバージョンは7.3が提供されているのか、MySQLのバージョンは5系にはセキュリティーホールがあるため、8系が提供されているのかなどを確認します。

ただし、5系でもセキュリティーホールに対応るパッチを導入している場合は、5系でも問題ありません。

サポート

いざ、ホームページを運営し始めると、サーバーに関する、さまざまな問題や疑問点が発生します。

通常、サーバー会社は、サポートセンターを設置していることが多いため、そこに電話をすれば対応してもらうことができますが、サポートセンターの人員には限りがあるため、対応が非常に遅かったり、また電話サポートを行っていないサーバー会社もあります。

もちろん、メールでの対応でも問題がない場合は、電話サポートがなくても問題ありませんが、電話でのサポートを受けたいとお思いの方は、サポート内容を確認して、電話サポートがあるサーバー会社と契約をしなくてはなりません。

お薦めのサーバー会社

弊社がお薦めするレンタルサーバー会社をご紹介いたします。

エックスサーバー

弊社は、大阪でウェブサイトの制作を行っておりますが、弊社のクライアントさまの多くにエックスサーバーをご紹介しております。

エックスサーバーは、月額900円から利用できる低価格のレンタルサーバーになりますが、データ容量は200GB以上、無料SSLあり、HHDではなくSSDを利用しているため、ウェブサイトの表示速度が速いなどのメリットがあります。

また、定期的に、ドメイン無料キャンペーンなども行っているため、タイミングが合えば、ドメイン費用をかけずにドメインを取得することが可能です。

> エックスサーバーはこちら

サクラサーバー

とにかく価格を重要視するのであれば、サクラサーバーがお薦めです。

サクラサーバーは、機能性は、エックスサーバーに少し劣りますが、価格は月額129円から利用することが可能です。

ただし、129円のプランでは、ワードプレスの実装ができないため、515円のプランをお申し込みされることをお薦めいたします。

エックスサーバーよりも安いため、サポートセンターの電話が繋がりにくいことや、技術的な質問にはあまり答えてくれないなどの問題はあります。

> サクラサーバーはこちら

ConoHa WING

GMOグループが提供するConoHa WINGは、表示速度が他のサーバーよりも2倍以上速いことを売りにしています。

実際に、少し重いワードプレスの管理画面も、快適に表示されるくらいの速度になり、頻繁にワードプレスの管理画面にアクセスするのであれば、かなりお薦めのサーバーです。

また、価格も1,200円とエックスサーバーとほとんど変わらない価格ですが、ConoHa WINGでは、1時間当たりの費用で出しており、最も安いプランでは、1時間あたり2円から利用することが可能です。

もちろん、機能性も非常に高いものになっています。

ただし、ConoHa WINGは、独自ドメインの取得ができないため、GMOが提供するお名前.comなどの他のサービス、または他社での取得が必要になります。

> ConoHa WINGはこちら

まとめ

ウェブサイトを制作する際には、ドメインとサーバーは必ず必要になり、必ずどこかのレンタルサーバー会社と契約を行わなくてはなりません。

レンタルサーバー会社は、非常に多くあり、どの会社でも同じと言うことはなく、それぞれが特徴を持ってサービスを提供されています。

どのサーバー会社にするかお悩みの方は、本記事でご紹介させていただきました、サーバー会社を候補の一つとしてご検討いただけましたら幸いです。

-ホームページ制作

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.