大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

2019年6月3日にグーグルがコアアルゴリズムアップデートを実施

更新日:

2019年6月3日に、グーグルがコアアルゴリズムアップデートを実施いたしました。

通常、グーグルは、コアアルゴリズムアップデートについて、事前通知を行いませんが、今回のアップデートでは、前日に通知が行われました。

ただし、事前に通知が行われたからと言って、規模の大きなアップデートかと言うと、そういったことはなく、従来と変わらない規模でのアップデートになっています。

アップデートの事前告知

今回のアップデートでは、前日に事前告知が行われていたため、非常に大きな影響を与えるアップデートになると予測されていました。

しかし、実際には、従来と変わらない規模でのアップデートになっており、事前告知の理由は、アップデートの前に伝えて欲しいという要望が多かったからのようです。

順位の変動はどれくらいあったのか

現段階では、2019年3月のアップデートと比較して、あまり影響がないと言われています。

しかし、YMYLと呼ばれる「ショッピングまたは金融取引に関するページ」や「金融情報に関するページ」、「医療情報に関するページ」、「法律情報に関するページ」、「市民にとって最新の重要なニュース記事」、「公的や公式情報に関するページ」については、変動が見られたようです。

現状では、まだ憶測の域を出ず、順位が上がったウェブサイトと下がったウェブサイトの両方が同じくらいあるため、今後続報が出ましたらお知らせいたします。

今回のアップデートの対応策

今回のアップデートの対策については、何か特別な対策は必要なく、従来通り、質の高いコンテンツを作成することになります。

質の高いコンテンツを作成するために

現在のSEOにおいて、最も効果的な対策は、質の高いコンテンツを作成することになります。

質の高いコンテンツを作成する際には、「ページタイトルについて、他のどんなウェブサイトよりも詳しい情報を掲載すること」と「カテゴリーで見たときに、そのカテゴリー名について詳しいページが多くあること」、「ホームページでメインとなるテーマについて最も詳しいウェブサイトであること」の3点を意識してページを作成していきます。

画像ばかりのページは駄目かどうか

最も詳しいウェブページを作成すると聞くと、原稿量が多いページを意識してしまいますが、ホームページのすべてのページが原稿量の多いページである場合、文章を見て納得してお問い合わせや商品購入などを行ってくれるユーザもいれば、ビジュアルで訴求したほうが良いニーズのユーザもいるため、しっかりとテキストを読んで納得してお問い合わせなどを行ってくれるユーザしか成果に結びつけることはできません。

そのため、ページを作成する際には、このページは集客のために原稿を多く書こう、このページはデザイン性を重視し、ビジュアルでユーザに訴求しようなど、それぞれのページの役割を明確にしたほうが効果的になります。

質が低いページの発見法

質が低いページを発見するためには、グーグルが提供するグーグルアナリティクスを活用することで、発見することができます。

具体的には、グーグルアナリティクスのデータからホームページにあるすべてのページの検索からの訪問回数を確認し、本来集客対策のためのページとして設定していたページで集客ができていなかったら、そのページが質の低いページとして検索エンジン認識されていると言うことが分かります。

改善方法について

問題があるページを発見したら、そのページに対して、そのページのタイトルについて、本当に詳しい情報が掲載されているかの確認を行います。

もし、情報が不十分であった場合は、原稿を追加したり、またそのページタイトルとまったく関係がない内容が掲載されている場合は削除を行います。

さらには、実際にページタイトルで検索を行い、同じような内容を掲載しているウェブサイトを確認して、有益だと思われる情報をピックアップして、ページに追加することなども効果的な対策になります。

ただし、その際には、原稿をそのままコピー&ペーストするのではなく、自分の言葉でライティングしなくてはなりません。

まとめ

2019年6月3日にグーグルがコアアルゴリズムアップデートを実施しましたが、今回も従来同様に、質の高いコンテンツを作成することができていれば、特に影響がなかったアップデートのように思われます。

ホームページは、検索エンジンのために制作し、運用するのではなく、訪問者のためにとって本当に価値のあるものを提供することが重要になります。

今回、もし順位を落とされたのであれば、一度、ホームページのコンテンツを見直し、本当にユーザにとって価値のあるコンテンツを提供できているかを確認し、もしできていない場合は、コンテンツを修正されてみてはいかがでしょうか。

また、逆に、順位が上がったウェブサイトは、引き続き、検索エンジンユーザにとって有益なページを作成し続けることで、より検索からの訪問者を集客できるウェブサイトへと成長します。

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.