大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

ホームページ制作

アクセス解析ならグーグルアナリティクス

更新日:

アクセス解析においてはグーグルアナリティクスの利用をすることが基本的には多くあります。

というのがこのグーグルアナリティクスは基本的には無料、一部の膨大なページビュー数のホームページは有料のツールになっており、弊社でホームページを制作させていただく場合には現状では100%が無料になっております。

そのため、お客さまがグーグルアナリティクスを利用するしないに関係なく、グーグルアナリティクスを導入させていただいており、これらをしっかりと導入していくことで本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

そこで今回はこのアクセス解析「グーグルアナリティクス」についてご紹介をいたします。

アクセス解析の必要性

アクセス解析は必要

まず初めに弊社は大阪でアクセス解析サポートを行っておりますが、このアクセス解析はお客さまが希望するしないに関係なく、提供をしております。

その理由としては基本的にはこのアクセス解析においては、ホームページの運営にほぼ間違いなく必須になっており、このアクセス解析を利用することで、ホームページの集客力の分析であったり、問題点の発見と改善方法の検討ができるようになっているのです。

そしてこのアクセス解析においては、基本的にはこれらの数値データがないと、ホームページの改善が闇雲なものになってしまうので、しっかりとこれらの数値データを見ることで御社のホームページ運営は理論的で戦略的なものになるのです。

そのため、このアクセス解析の導入はすべてのホームページで行うべきものになっており、これらをしっかりと導入すること、そしてしっかりとホームページ運営の中で利用していくことでより効果的なホームページ運営を実行することが可能なのです。

アクセス解析「グーグルアナリティクス」

アクセス解析「グーグルアナリティクス」

このようにホームページ制作においては基本的にはアクセス解析を導入すべきものになっておりますが、このアクセス解析には実は無料版と有料版があります。

基本的には多くの中小企業さまはこのアクセス解析のデータを見てホームページを改善するということは、毎月それなりの予算が必要になってくるのでそこまで行うということはないのです。

ただ、改善を行わない、あるいはアクセス解析のデータを見ないからと言って、アクセス解析を導入しなくても良いということはなく、しっかりとアクセス解析を導入して、データの蓄積を行うことが重要なのです。

このデータを蓄積しているとしていないでは、ホームページの成果は大きく異なってくるものになっていて、アクセス解析を導入しているだけで、導入日からのデータを蓄積していくことが可能なのです。

そしてこのデータの蓄積は非常に大切になっていて、しっかりと蓄積することで、御社のホームページにアクセス解析のデータを利用しようとしたときに改善を行い続けることが可能なので、より効果を生むことが可能なのです。

そして弊社では、この蓄積を非常に推奨しており、ホームページを制作した当初は蓄積作業から行っていただくのですが、単純にこの蓄積作業のために月額を払うことは少しもったいなく、そこで選択肢がグーグルアナリティクスとなるのです。

このグーグルアナリティクスは、アクセス解析のデータとして本当に豊富なものになっていて、これらのツールが無料で使えるというのはお客さまにとっても非常に大きなメリットになっております。

そのため、弊社ではこのグーグルアナリティクスを導入させていただき、そしてこれらをしっかりと導入していくことで、お客さまに無料でホームページのデータを蓄積いただくことが可能になり、本当にアクセス解析が必要になった時は過去のデータも含めてグーグルアナリティクスにアクセスすることでチェックすることが可能なのです。

ある程度の集客力を

集客力を

そしてこのアクセス解析グーグルアナリティクスを利用する際にはまずは基本としては、ある程度のアクセス数が必要になるという点があります。

基本的には、グーグルアナリティクスをアクセス数がほとんどない状態から見ていても意味がないものになっており、ある程度の訪問者があって初めて成功することが可能なのです。

どうしてアクセス数が必要になってくるとかというと、基本的にはこのアクセス解析、グーグルアナリティクスにおいては、訪問者の動向を確認することができるものになっており、そもそもの訪問者数が少ない場合は、このアクセス解析レポートを作成しても、訪問者数を増やしましょうくらいしか言えないのです。

そしてこのホームページの集客力対策をしっかりと行い、そしてホームページにある程度の訪問者数が集まるようになってからチェックをすることが重要であると思われます。

この訪問者の具体的な数については非常に言いづらいものになっておりますが、最低でも2,000人以上の訪問者が必要で、ホームページのページ数にもよりますが、ホームページの種類によっては2,000でも足りないことがあります。

そのため、グーグルアナリティクスなどのアクセス解析を導入しても最初は特に意識する必要がなく、しっかりとSEO対策やソーシャルメディア、リスティング広告の最適化を行い、そしてある程度の訪問者が出てくれば、グーグルアナリティクスを利用してホームページの改善を行うことで、本当に成果を得ることが可能になります。

直帰率を見よう

直帰率

そして最後にこのグーグルアナリティクスを利用してホームページの内部を改善する際には、しっかりと直帰率を改善することから始めなくてはなりません。

この直帰率の改善については、直帰率とは1ページだけを見てブラウザバックなどによってそのホームページから出ていった人の率になっており、この直帰率を下げることで、ホームページ内の巡回効率が高まり、一気にホームページの成果が高まるのです。

そしてこの直帰率においては、もちろん簡単に直すことができるとは言えないのですが、何度もくり返し対策を行うことで、次第に少しずつホームページの直帰率を減少することが可能になります。

そのためまずはアクセス解析やグーグルアナリティクスを導入して、ある程度訪問者が集まったら直帰率をホームページ全体とさらには個別ページでチェックしていくようにして、これらをしっかりと行うことでホームページは成功いたします。

-ホームページ制作

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.