大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

グーグルに広告を出してもSEO効果はない

更新日:

弊社は、大阪のホームページ制作会社ですが、リスティング広告の出稿をご検討のお客さまから、よく「グーグルの広告に出したら自然検索の順位も上がりそうだし、グーグルの予算を多めにしたほうが良いのでは?」と質問をいただきます。

この回答に、弊社では、「グーグルの自然検索と広告は別物であるため、グーグルに広告を出稿したからと言って、上位表示するということはないと思います。」とお答えしていましたが、SEOのアルゴリズムはすべて発表されているわけではないため、はっきりとSEOの効果はないと言い切ることが難しい質問にでした。

今回、ご紹介させていただく内容は、リスティング広告により検索順位が影響しないとグーグルのホームページで紹介されているページがありましたので、ご紹介をさせていただきます。

広告を出稿しても順位は上がらない

せっかく、ホームページを制作するのであれば、SEOに強いホームページを制作し、成果を出したいと考えることは当たり前のことかと思います。

そのため、ホームページを公開後に、広告出稿を行おうとご検討の方の場合は、グーグルに広告費を多く出したら、グーグルでの検索順位が上がるのではないかと期待してしまいがちです。

確かに、そのようなイメージを持ってしまいがちですが、それはグーグルの使命から判断すると、あり得ないことが分かります。

グーグルは、「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」を使命としており、ユーザが求めている情報をすぐに発見できて、すぐに使えることに注力をしています。

そのため、自然検索のランキングについては、ユーザの検索ワードについて、最も詳しいウェブサイトを紹介することとしており、情報の質が低いウェブサイトや広告費を払っているウェブサイト、テクニックによるSEOに費用を出して上位表示しようとしているウェブサイトは、グーグルが高い評価をしてくれることはありません。

また、グーグルは、検索エンジンから収益を上げていないわけではありませんが、グーグルは広告を出稿してもらうことにより利益を上げているため、検索結果ランキングと広告を切り離して考えています。

もちろん、まったく関連性がないということではありませんが、検索結果ランキングが検索エンジンユーザにとって魅力的であればあるほど、グーグル検索を利用するユーザは増え、結果広告収入が増えるという繋がりになり、広告と検索結果の区別が曖昧であればあるほど、自然検索を利用するユーザの満足度が低下していき、グーグル検索を利用するユーザ数が減少し、広告収入の減少にも繋がります。

そのため、グーグルは、検索結果ランキングと広告を完全に別ものと考えており、またグーグルのホームページ内でも同様の内容を発表いたしております。

検索順位を上げるために

多くの企業さまでは、ホームページを公開した後、お問い合わせや商品を販売するために、何とか訪問者数を増やそうと、検索順位を上げるためにSEOに取り組まれていることかと思います。

SEOを行う際に、最も重要なことは、テクニックを駆使したSEOばかりを検討するのではなく、検索エンジンユーザにとって有益なウェブサイトを制作することに注力しなくてはなりません。

テクニックに頼ったSEOばかりを実施していると、アルゴリズム(グーグルの検索結果の順位を決定するルール)の変更のたびに、検索順位が大きく変動してしまうため、そのたびにSEOを実施し直す必要が出てきてしまいます。

これでは、安定してお問い合わせや商品販売が行えるウェブサイトと言うことはできません。

そのため、現在のグーグルのルールに則ることはもちろん重要ですが、それよりも検索エンジンユーザに対してホームページを最適化することに注力をし、検索エンジンユーザに役立つウェブサイトを作成することができれば、自然と安定して検索からの訪問者を集客できるウェブサイトへと成長していきます。

まとめ

今回、ご紹介したグーグルの広告とSEOの関係性は、当然と言えば当然の内容になっていますが、せっかく、グーグルに広告費を払うのであれば、検索順位が上がるかもしれないと考えてしまうことも、十分に理解することができます。

しかし、SEOとは、グーグルに対してホームページを最適化するのではなく、グーグルを利用する検索エンジンユーザに対してホームページを最適化することが重要になります。

検索エンジンに対してホームページを最適化するようなSEOを実施していると、アルゴリズムの変更のたびに、SEOに多くの時間を取られてしまうことや、検索順位を大きく落としてしまい、再度上げるまでに非常に多くの時間が必要になってしまいます。

これでは、せっかく予算をかけてホームページを作成していたにもかかわらず、期待通りの結果を得ることができているとは言うことができません。

現在、SEOを行おうとお考えの方は、この機会にユーザ目線のSEOに取り組まれてみてはいかがでしょうか。

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.