大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

グーグルが構造化データでhow-toとFAQをサポート

更新日:

2019年5月8日にグーグルが構造化データのサポートを開始すると発表しました。

構造化データのマークアップを行うことで、ユーザの検索ワードに対する回答を検索結果ページに直接表示させることが可能になるため、アクセス数の向上に大きく役立てることが可能です。

構造化データの導入は、ホームページから成果を出したいとお考えの方であれば、HTMLとCSSの知識があれば、簡単に行うことができるため、必ず導入しておかなくてはなりません。

今回は、グーグルが新たにサポートを始めたhow-toとfaqの構造化データについてご紹介をいたします。

構造化データとは

構造化データとは、ページのコンテンツを分類するための標準化されたデータ形式になり、例えば、ソースコード上で、ここがタイトルや、ここが日付、ここが著者名などの情報を説明するコードを記述することで、グーグルに対して正しくウェブサイトの情報を認識してもらうことが可能になります。

構造化データには、JSON-LDとmicrodata、RDFaの3種類の記述法がありますが、グーグルが推奨している記述方法は、JSON-LDになるため、JSON-LDで記述されることをお薦めいたします。

また、構造化データが正しく記述されているかのチェックは、グーグルが構造化データテストツールを公開しているため、そちらで確認することが可能です。

> 構造化データテストツールはこちら

構造化データのメリット

構造化データのマークアップをするメリットは、ホームページの情報をグーグルが正しく認識してくれることにより、SEOとしての効果も期待できますが、さらには検索結果ページで大きく取り上げられるようになるため、グーグルからより多くの訪問者を集客することが可能になります。

例えば、ECサイトなどにおいては、商品の返品方法などのよくあるご質問を見る機会が多いと思いますが、返品方法で検索したときにFAQを構造化データのマークアップをしており、返品方法のFAQページがある場合において、検索結果の上部に直接その回答と該当ページへのリンクが表示されるようになります。

そのため、今後FAQの在り方が大きく変わる可能性があり、一般的なSEOにおいては、例えば「ホームページ制作 大阪」などの単語と単語を合わせたフレーズでのSEOですが、FAQでは構造化データを利用してユーザの検索しそうな文章でFAQを作成することで、これまでまったく想定していなかった検索ワードでの集客が可能になります。

FAQの構造化データにおける注意点

FAQの構造化データーは、公式サイトに限定されており、掲示板やコミュニティーサイトなどのユーザ間同士でやり取りを行う場合は、Q&Aの構造化データを利用するようです。

グーグルにホームページの情報を正しく理解してもらうためにも、間違いなく構造化データのマークアップを行わなくてはなりません。

自分で構造化データを導入する

構造化データを自分で導入したいとお思いの方も多くいらっしゃるかと思います。

自分で構造化データの導入を行う場合は、グーグルが提供する構造化データ支援ツールを利用することで、構造化データに対応したソースコードの作成が可能です。

ただし、ホームページ制作の知識があまりない場合は、導入が上手くいかない可能性も高く、またデータを誤ってアップロードしてしまい、レイアウト崩れなどのホームページが正しく表示されなくなってしまう可能性もあります。

そのため、自分で行われる際には、必ずホームページのデータのバックアップを取り、万が一ホームページに不具合が発生した場合は、発生する前の状態にすぐに戻せる準備をしてから行わなくてはなりません。

> 構造化データ支援ツールはこちら

まとめ

弊社は、大阪にあるホームページ制作会社ですが、よくお客さまに、FAQの充実と定期的な更新をご提案いたしております。

その理由は、FAQは他のページに比べ、比較的更新がしやすく、また作り込むことで、テキスト情報を多く利用することができる点、さらにはユーザも真剣に読んでくれる点など、SEOとしてはもちろん、ホームページの成約率にも非常に効果的なコンテンツになるためです。

そのため、現在よくあるご質問を制作するかお悩みの方は、1ページで作成するのではなく、よくあるご質問のトップページと、カテゴリーごとの記事一覧ページ、詳細ページの3ページ構成で制作し、さらにはワードプレスなどの更新システムを導入することがお薦めです。

また、グーグルがFAQの構造化データに対応し、さらにグーグルは今後もさまざまなコンテンツで構造化データに対応していくと発表しているため、構造化データの導入は、ホームページ制作において、必須であると言っても過言ではありません。

現状、ホームページによくあるご質問がない、または構造化データに対応していない方は、ぜひこの機会に対応されることをお薦めいたします。

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.