大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

グーグルのモバイル検索結果のデザイン変更

更新日:

2019年5月22日に、グーグルのモバイル検索結果ページのデザインが変更されたと、グーグル公式ブログで発表がありました。

大きな変更点としては、検索結果ページにファビコンが表示されるようになったことと、URLがタイトルの上部に表示されるようになったことになります。

モバイル検索結果の変更点

グーグルのモバイル検索結果ページの変更点は、検索結果ページに表示されているウェブサイトの情報の出どころや、探している情報がどのページにあたるのかについて、直感的に見て分かるようなレイアウト変更となっています。

具体的な変更点としては、「ファビコンを追加」と「タイトルとスニペットの間の区切り線の削除」、「従来は、ページタイトル、URL(パンくずリスト)、スニペットの順で並んでいましたが、変更後は、ファビコンとURL(パンくずリスト)、ページタイトル、スニペットの順に変更」の3点になります。

リスティング広告の変更点

グーグルの検索結果の上下や右側に表示されているリスティング広告も同様の変更が行われています。

また、リスティング広告では、ファビコンの位置に、そのホームページのファビコンが入るのではなく、「広告」の文字が表示されるようになっています。

今後はファビコンの作成が必須

これまで、あまりファビコンについて、意識をされる方は少なかったと思いますが、今回の変更により、ファビコンの作成は必須であると言っても過言ではありません。

ファビコンを設定していない場合、シンプルな地球儀のファビコンが自動で表示されるようになり、競合サイトが目を引くファビコンを作成していた場合、クリック率に多少の影響を与えてしまいます。

ファビコン作成の注意点

グーグルのファビコンに関するガイドラインをご紹介いたします。

ファビコンはドメイン内にアップロード

必ず、1ドメインに対して、1つのファビコンをアップロードしなくてはなりません。

具体的には、複数のウェブサイトを作成されている場合において、本体となるウェブサイトにだけ、ファビコンをアップロードして、その他のホームページは、本体となるホームページのファビコンを呼び出すことをしてはいけません。

グーグルがクロールできるようにする

ロボットテキストなどを使って、ファビコンをアップロードしているフォルダーや、ファビコンをブロックしてはいけません。

ロボットテキストとは、検索エンジンに対して、読み込みを行わなくてもよいファイルなどを指定することができるテキストファイルになります。

ファビコンのデザイン

ファビコンのデザインを作成する際には、ウェブサイトのブランドを視覚的に表したものにしなくてはならず、ホームページのテーマとまったく異なるようなデザインで作成してはいけません。

特に、リスティング広告では、広告という文字がファビコンの位置に表示されるため、広告と書かれたファビコンを作成すると、そのうち対策されてしまいます。

ファビコンのサイズ

ファビコンを作成するサイズは、48の倍数(48*48や96*96など)で作成しなくてはなりません。

特に、16*16で作成している場合は、グーグルは16*16で作成しないでくださいと言っているため、なるべく早めに対応する必要があります。

ファビコンのURLの固定

原則、ファビコンのURLは変更してはいけません。

URLが変更されると、そのたびにグーグルがファビコンを探す必要が出てきてしまいます。

不適切なファビコン

わいせつな表現や、かぎ十字章などのヘイト表現に関連するシンボルなどの不適切なファビコンは表示されません。

URLの注意点

今回の検索結果ページの変更により、従来のモバイル検索結果ページと比べ、URLが非常に目立つようになりました。

そのため、これまではURLを適当に作成していたホームページは、検索エンジンユーザにとって分かりやすいURLへと変更する必要があります。

ホームページ制作会社が作成したページであれば、ある程度はきっちりとURLを設定していることが多いですが、ワードプレスの記事機能で作成されたページでは、日付などの数字であったり、日本語のURLになっているウェブサイトが多くあります。

これらのホームページについては、URLをユーザ目線で作成し直す必要があります。

ただし、URLの変更は、SEOに大きな影響を与えるため、正確に変更前のURLから変更後のURLへとリダイレクト設定を行う必要があります。

まとめ

現在のSEOにおいては、ウェブサイトの信頼性が非常に重要になっており、今回の検索結果のデザイン変更においても、ユーザが直観的にホームページの信頼性が分かるようにするための改定となっております。

そのため、今後ますますウェブサイトの信頼性は重要になり、コンテンツ作成だけではなく、細部までユーザにとって価値があり、信頼できるホームページ制作を行う必要があります。

また、これまでは、ファビコンを作成していなかったホームページにおいても、今後は検索結果ページでのクリック率に多少の影響を与えるようになるため、必ず正しい方法でファビコンを作成して設定しなくてはなりません。

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.