大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

グーグルがページネーションタグを廃止

更新日:

2019年3月21日に、グーグルは公式ツイッターで、ページネーションタグの廃止を発表しました。

ページネーションタグとは、よくブログなどで利用されるタグになり、本来は1ページで表示してもよい内容をページの冗長化や表示速度への懸念から、あえて次のページへや前のページへなどのリンクを設置してページに分ける場合に利用されるタグになります。

ページネーションタグを利用することで、検索エンジンは、ある特定のページの前のページと次のページを正確に把握することができ、前後のページとの関連性を明確化できるため、似たようなテキストしかない一覧ページが量産されていたとしても、重複コンテンツとして認識せず、前後のページの続きを表示しているだけであると認識してくれるため、SEOを意識したホームページを制作する場合、必ず必要なタグであると言われていました。

今回は、グーグルがページネーションタグを廃止した理由と対策法についてご紹介をいたします。

ページネーションタグは利用されていなかった

ページネーションタグとは、ページ同士の前後関係を検索エンジンに伝えることができるタグになり、記事一覧ページにおいて、似たような原稿が羅列されているような場合は、類似コンテンツ対策として利用することが、ホームページ制作にとって重要であると言われていました。

しかし、実際には、ここ数年グーグルはページネーションタグを認識しておらず、グーグルは独自の調査により、ユーザは1ページ目と2ページ目の情報をまったく別ものであると認識し、詳細ページを見るように一覧ページも見ていることが分かり、一覧ページであってもユーザにとっては価値のあるページであると判断したため、ページネーションの利用を行っていなかったようです。

そのため、2019年3月21日にグーグルは公式ツイッターでページネーションタグの廃止を発表しました。

ページネーションの代わりの対策法

一覧ページの制作の仕方によっては、ページネーションタグの代わりにカノニカルタグをうまく使う必要があります。

なぜ、カノニカルタグが必要になるかと言うと、2つの理由からになります。

1つ目は、例えば製品一覧ページに製品名と製品画像しか掲載されておらず、また製品名が品番と同じであった場合、そのページの原稿は、ほどんど似たような原稿になり、また一覧ページが100ページ近くある場合は、そのすべてが似た原稿のページであると検索エンジンが判断してしまい、類似コンテンツとして処理されてしまう可能性があります。

2つ目としては、例えば、ホームページ制作に関する記事一覧ページがあり、ホームページ制作で検索したときに検索結果ページには、もちろん1ページ目が表示されて欲しいと思いますが、検索エンジンからの評価が1ページ目ではなく、2ページ目以降のほうが高くなることもあります。

そのため、1ページ目以外のカノニカルタグを1ページ目として設定することで、ペナルティを受ける心配はもちろん、検索結果ページで紹介されるページも制御することが可能になります。

ただし、カノニカルタグを使った場合、検索結果ページに2ページ目以降は表示されなくなってしまうため、例えば複数のサービス名で検索したときに、2ページ目が表示されれば、同様の記事がある場合でも、1ページ目が表示されてしまうため、訪問者は1ページ目から順に掲載されているコンテンツのあるページまで移動していかなくてはなりません。

今後の記事一覧ページの作成法

今後、記事一覧ページの作成法で気を付けないといけないポイントは、ホームページ制作段階から類似コンテンツにならないように検討することになります。

特に、製品名と品番が同じ場合においては、類似コンテンツとなってしまう可能性が非常に高いので、例えば一覧ページにそれぞれの製品について、1行でも良いので固有のテキストを入れるなど、類似箇所を少しでも減らす対策を行わなくてはなりません。

少しでも重複するページを減らすことで、2ページ目以降でカノニカルタグを利用しなくてもよい記事一覧ページとすることが可能です。

ページネーションは削除しても良いかどうか

このグーグルの発表により、ページネーションタグを削除しようと、お考えの方も多くいらっしゃると思います。

しかし、確かにグーグルは、すでにページネーションタグを認識していませんが、検索エンジンのbing(ビング)は、ページネーションタグを利用しているため、bingseoのために、まだコードの削除を行わないことがお薦めです。

もちろん、検索者数で言えば、グーグルのほうが圧倒的に多く、弊社のウェブサイトにおいては、全訪問者のうち、bingからの訪問者は5%程度と非常に少ないですが、ページネーションタグを抜いてもグーグルの検索結果の順位は変わりませんが、逆にbingでの検索順位が落ちてしまう可能性があります。

そのため、bingがページネーションタグの利用を廃止するまでは、コードを削除しないことをお薦めいたします。

まとめ

グーグルがページネーションタグの利用を廃止するとことにより、製品や記事一覧ページなどでスパムにならないための対策が必要になってきます。

現在は重複コンテンツとして認識されていないウェブサイトであったとしても、一覧ページ数が増えれば増えるほど、重複コンテンツとして認識されてしまう可能性が高まるため、前もって対策を行わなくてはなりません。

現在の自社のホームページが重複コンテンツになっていそうや、これからページ数がどんどん増えていけば重複コンテンツになる可能性が高いとお考えの方は、この機会に一覧ページの改善を行われてみてはいかがでしょうか。

> グーグルがページネーションを廃止したつぶやきはこちら

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.