大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

2019年6月4日にグーグルが同一ドメインのウェブサイトは最大2ページまでしか表示しなくなる

更新日:

2019年6月4日に、グーグル公式ツイッターで、グーグル検索を行ったときに、同じホームページ内にあるページを最大2ページまでしか表示させないアップデートを行ったと発表されました。

このアップデートは、グーグルの検索結果ページに表示されるウェブサイト数を増やし、検索結果ページの多様化を行うことで、検索エンジンユーザに、よりベストな選択ができるようにするためのアップデートになります。

同一ドメインは最大2ページまでしか表示しない

このアップデート以降、グーグルの検索結果ページには、同一ドメインのウェブページは、2ページまでしか表示されなくなりました。

試しに、社名で検索を行ってみたところ、従来であれば、弊社のさまざまなページが検索結果に表示されていましたが、現在はトップページと会社概要のページのみが表示され、その他は、ホームページ制作会社の紹介サイトや、弊社と社名が似ている企業さまのホームページが表示されていました。

確かに、社名検索だけを見ても、これまで自社が紹介されていることを知らなかったようなウェブサイトも上位に表示されているため、多様性はかなり広がったと思います。

同一ドメインの範囲

今回のアップデートは、同一ドメインは最大2ページまでとなっていますが、この同一ドメインには、サブドメインも含んでいるため注意が必要です。

例えば、「https://www.webitnews.net/」はもちろんですが、仮に、「https://web.webitnews.net/」というサブドメインを作成していた場合、こちらのサブドメインのページも含み2ページになります。

そのため、これまで多くのサブドメインでニーズの絞ったウェブサイトを作成していた企業さまで、同じ検索ワードでサブドメインも含め3ページ以上が表示されていた場合は、2ページまでしか表示されなくなってしまいます。

例外もある

今回のアップデートは、必ず2件までしか表示させないというものではなく、例外として3件以上が表示することもあるようです。

その例外とは、グーグルがユーザの検索ワードとウェブページの関連性が高いと判断したときになります。

例えば、アマゾンで商品を購入しようとお思いの方が、グーグルで【アマゾン ノートパソコン】で検索したとします。

このキーワードで検索したユーザは、一般的には、アマゾンのホームページでノートパソコンを探したいと推測されるため、こういった検索ワードの場合は、グーグルは複数ページを表示してくれます。

しかし、一般的な企業サイトで例外と認識してもらおうとしても、グーグルに関連性が高いと意図的に認識してもらうことは、非常に難しく、また万が一、仮にできたとしても、通常のSEOを行ったほうが効率が良いため、実際は2ページまでと理解しておくことがお薦めです。

その他のポイント

今回のアップデートについてのその他のポイントをご紹介いたします。

コアアップデートとは無関係

先日行われたコアアップデートとの関係性はないとのことです。

検索順位には関係しない

今回のアップデートは検索順位を変えるものではなく、同一ドメインのホームページは3ページ以上は表示させないというアップデートになります。

そのため、当アップデートでの順位の変動は一切ありません。

アップデートが実施された日

このアップデートが実施されたのは、2019年6月4日になり、6月6日にはすべての検索結果に100%反映済みとのことです。

そのため、現在の検索結果は、すでにアップデート後になるため、もし最近アクセス数が減ったとお考えであれば、6月4日から6月6日の間に検索からの訪問者が減っていないかの確認をされてみてはいかがでしょうか。

ただし、大半がコアアップデートの影響によるものと推測されます。

アクセス数が減った場合の対策

もし、この期間にウェブサイトに訪れるユーザ数が減少していて、今回のアップデートが原因だった場合は、以下の対策を行うことで、アクセス数を戻すことが可能になります。

ページのボリュームアップ

まだ検索結果ページに残っているページと消えたページを調査して、消えたページの原稿で、残っているページに利用できそうなコンテンツは、そのまま残っているページへと移行させます。

これにより、検索結果に残っているページのSEO効果をさらに高めることが可能です。

ページの内容を改定

検索結果から消えたページの内容を大幅に改定します。

その際には、グーグルアナリティクスの検索からの訪問者数やそのページに訪れている検索ユーザのキーワードなどを確認して、現状訪れているユーザの知りたい情報を明確にしてから改定することで、より効果的な改善を行うことが可能です。

ドメインを分ける

もし、完全に元の状態に戻したいとお思いであれば、ドメインを分けていく必要があります。

ただし、こちらの場合は、単にページを分けるだけではなく、ウェブサイト全体のテーマにも関わる改修になり、多くの時間と労力が必要になるため、あまりお薦めはいたしません。

まとめ

今回のアップデートは、検索順位の変更はなく、同一ドメインのウェブサイトは、検索結果ページに2ページ以上が表示されなくなるアップデートです。

これまである特定のキーワードで検索順位の上位を独占していたウェブサイトであれば、影響を受けるかもしれませんが、実際に元の状態に戻すための対策を行うとしても、グーグルに関連性が高いと認識してもらうしかないため、グーグル頼みになってしまいます。

そのため、これまでサブドメインで多くのウェブサイトを作成していた企業さまで、検索結果ページに表示されるページ数を意識されている場合は、サブドメインではなく、まったく別のドメインで制作し直す必要があります。

ただし、そこまでの労力をかけるのであれば、別のキーワードでも検索結果に表示されるように、ブログの更新や新規ページの作成を行ったほうが効率よく見込み顧客を集客することが可能です。

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.