大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

グーグルがウェブスパムレポート2018を公開

更新日:

2019年4月3日に「Google ウェブマスター向け公式ブログ」に「検索スパムの2018年の傾向 - ウェブスパム レポート 2018」の記事が公開されました。

記事の内容としては、2018年にグーグルが行ったウェブスパム対策の紹介になっています。

グーグルが行ったスパム対策

「検索スパムの 2018 年の傾向 - ウェブスパム レポート 2018」で紹介されているグーグルが行った主なスパム対策は、以下の3点になります。

不正なハッキングに関するスパム

万が一、自分の管理しているウェブサイトがハッキングされてしまった可能性がある場合に、グーグルサーチコンソール内のセキュリティーの問題ページにグーグルからのレポートが届きます。

そのため、ホームページがウィルス感染した経験があるうちの、多くのウェブマスターさまが、被害が拡大する前に、ウィルス対策を行うことができたかと思います。

その結果もあり、2017年と比べ大幅にハッキングは減少していますが、まだまだフィッシング攻撃や、パソコンへのマルウェアなどのソフトウェアのインストールがなくなったわけではありません。

そのため、今後もFTPソフトには必ず認証を付けるや、安全かどうか分からないウェブサイトにアクセスする際には、注意深く行うこと、ウィルスソフトをインストールすることなど、基本的なセキュリティー対策は必ず行っていかなくてはなりません。

もちろん、万が一に備えて、グーグルサーチコンソールへの登録も行っておいた方が良いと言えます。

ユーザー生成スパム

主にコメントスパムのことを言い、検索エンジンは、同じテーマのウェブサイトからのリンクを高く評価するため、自分の管理しているウェブサイトと同じテーマのブログを見つけ、そのブログ記事にあるコメント欄に自分の管理しているウェブサイトのアドレスを大量に書き込むことで、SEOを行うためだけのスパムコメントになります。

しかし、ユーザ生成スパムは、グーグルがコメント欄からのリンクをスパムとして扱うようになったり、無料ブログサービス提供事業者がコメントに張られたURLのリンク価値を無効化するためにnofollow属性を付与する対策を行ったため、現在は大幅に減少しています。

リンクスパム

リンクスパムとは、無料ブログやワードプレスなどでまったく無価値のブログサイトを大量に制作し、そこからメインとなるウェブサイトへとリンクを張る行為のことを言います。

従来のSEOでは、被リンク数を獲得することが最も効果的なSEOになっていましたが、このような無価値な被リンクを大量に獲得しているウェブサイトを排除するためのアップデートであるペンギンアップデート以降は、リンクスパムの数も大幅に減少いたしました。

余談にはなりますが、ペンギンアップデートは被リンクスパムの排除で、同時に開始されたパンダアップデートと呼ばれるホームページ内部のスパム行為を排除するアップデートも行われたため、当時、多くのSEOに力を入れていたウェブサイトが検索順位を落としました。

SEOにとらわれないホームページ運営が重要

今回ご紹介したグーグルのスパム対策については、基本的には、ホームページ訪問者の満足度を下げてしまうウェブサイトに対する対策になっています。

例えば、訪れたウェブサイトがウィルスに感染していた場合、訪問者も被害を受けてしまいますし、またスパム行為によって上位表示しているウェブサイトは、本当にユーザにとって役立つ情報を提供していないホームページになるため、どんなに検索順位で上位表示されていても、内容にがっかりしてしまい、時間を無駄にしてしまいます。

グーグルはそのようなウェブサイトを上位表示させたいとは考えていないため、現在はまだ定義上スパムになっていないが、ユーザにとってよくない対策を行っていたとしたら、今後のアルゴリズムの変更によりスパムになってしまう可能性も十分にあります。

そのため、検索エンジンからの訪問者を増やしたいと考えたときには、もちろんSEOについての理解は十分に必要ですが、ホームページ全体を訪問者にとってより良い情報提供をするウェブサイトへとすることで、SEOテクニックに頼らずとも、検索からの訪問者を多く集客することが可能になります。

まとめ

今回ご紹介した「ウェブスパムレポート2018」では、上記の他にも、現在グーグルが行っているさまざまなスパム対策についての紹介がありました。

弊社は、大阪のホームページ作成会社ですが、ご依頼の中で最も多いご要望は、SEOに強いホームページを作成になります。

もちろん、弊社では、スパム行為によるSEOは行っておりませんので、ホームページを運営し、他のライバルサイトよりも詳しいウェブサイトに育てていくことをご説明しており、多くのクライアントさまが、正しいSEOを行い、結果が出るまで時間はかかりますが、着実に検索からの訪問者数の増加はもちろん、検索エンジンのアルゴリズム(上位表示のルール)にも影響を受けないホームページと成長させています。

現在SEOに力を入れているウェブマスターさまは、正しいSEOとホームページ運営を行うためにも、ぜひ一度、今回ご紹介した「ウェブスパムレポート2018」を確認されみてはいかがでしょうか。

> ウェブスパムレポート2018を見る

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.