大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

グーグルマイビジネスの投稿で「拒否されました」

更新日:

これは最近知ったのですが、グーグルマイビジネスの投稿には「拒否されました」があります。

この拒否されましたというのは、別におかしな内容を書いているのではないのですが、実際に弊社では最近立て続けに拒否をされております。

そしてどうせ投稿するのであれば、拒否されたくないというのが本音になるので、今回は具体的な対応法は見えておりませんが、弊社が考える拒否のされない投稿についてご紹介をいたします。

「拒否されました」になるとやる気が落ちてしまう

やる気が落ちる

弊社では基本としては、1日に1投稿をしております。

そしてこの投稿については実はそれなりに効果も計測しており、SEOほど本気に取り組んではいないまでも、しっかりと検討をしながら投稿作業をしております。

そしてこれらを1日1投稿していると、投稿によってですが、「拒否されました」と書かれており、せっかく投稿をしたにもかかわらず、それが検索結果に反映されていないことがあるのです。

これは実際に受けてみるとかなりモチベーションが下がるものになっており、さらに弊社ではこのグーグルマイビジネスに拒否があるとは知らなかったので、かなりの精神ダメージを受けたのを覚えています。

このグーグルマイビジネスの投稿で「拒否されました」については基本的には企業のグーグルマイビジネスとして運営していれば特に引っかかる点は思いつかないのですが、色々と調査だけはしてみたのでその報告をいたします。

拒否されるパターン

拒否されるパターン

グーグルマイビジネスの投稿には、一般的な企業が運営しているものであれば、基本的には問題がないようなルールは確かに存在します。

しかし、企業が運営している場合はそれらを破るということはほとんどないものになるのですが、しかし実際に拒否されることがあるようです。

基本的には卑猥な表現や医薬品を勧めるような表現などが対象になっており、それ以外は特に記載がないのですが、しかし何かしらに引っかかり拒否をされているようです。

そしてこの拒否をされる傾向を実験してみたのですが、これはあくまで弊社の場合であり、調べているとアカウントごとだとは思いますが、アカウントごとに傾向が異なっているように思われます。

弊社の場合は、会社名・住所・電話番号・ホームページのアドレスがセットで1投稿に記載している場合にほぼ間違いなく拒否をされており、基本的にはこれ以外はすべて投稿ができています。

また、結構厳しいと感じるアカウントもあり、そのアカウントでは、URLの掲載はすべて拒否になるという記述を見ました。

そのため御社がグーグルマイビジネスを投稿する際には、基本ルールを守ったうえで拒否される場合はその拒否をされた投稿をリストアップして、どのようなときに拒否されているかを把握した投稿を行うことで、効率の良い更新作業が行えるようになっております。

グーグルマイビジネスの投稿は必須

投稿は必須

そしてホームページの集客提案をしていると、おそらくグーグルマイビジネスの投稿は必須の集客対策と言っても過言ではありません。

基本的にはSEO対策はかなり長期的な対策を要することや、そして一つの更新に対しても非常に多くの労力が必要になるのでこのグーグルマイビジネスも並行して行うことで、早い段階から本当わずかな労力を追加するだけで見込み顧客の集客が可能になるのです。

そしてこのグーグルマイビジネスのSEOにおいては実はそこまで高い効果は期待できませんがしかし、この投稿を行いホームページとグーグルマイビジネスの投稿の関連付けを行うのが少なくともプラス要因として働くものになっています。

そしてこれらを徹底して行うことで、御社のホームページは飛躍的に検索からの見込み顧客が多くなるのですが、このときに問題になるのが投稿の拒否されましたになるのです。

あまり気にしないことも大切

気にしないことも大切

そして弊社では基本的にはグーグルマイビジネスの投稿は1日1投稿にしているのですが、これは拒否されましたを含んで1投稿にしています。

実際に拒否され始めてから一通りの拒否される傾向などはチェックしたうえで、拒否をされているのであれば、それは仕方がないことだと考えて、特に修正や追加などは行っておりません。

その理由はSEOと一緒に行っているので正直な話として、そこまで手が回らない現状があるのです。

もちろん拒否されたときは、しっかりと何が駄目だったのかを考えるようにはしていますが、実際にこれらを考えても拒否されることもあるので、これ以上は検討する必要がないと思っております。

また、拒否され始めるとすべて拒否されるかというとそういうことはなく、例えば過去に2日連続拒否されたこともありますので、拒否されたのはあくまでその投稿に対してだけのものになっております。

それよりもしっかりと更新を続けていくことの方が重要になるので、現在投稿作業を行っている方はぜひ拒否されたとしても気にせず今のペースで更新されていくことが重要になっています。

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.