大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

ホームページ制作

ホームページ制作で気を付ける点

投稿日:

ホームページ制作を意識して行っているでしょうか。

ホームページ制作作業は非常に多くの労力がかかる作業になるため、成果が出るまでしっかりと実施しなくてはなりませんが、その作業は非常に膨大なものになっています。

しかし、だからと言って、ホームページ作成を流れ作業のように行っていると、そのホームページはミスが多くあるホームページになってしまい、その成果が出るかどうかは運次第になってきます。

そこで今回は、これからホームページ作成を行おうとご検討の方が、ホームページ制作会社の作業で特に意識してチェックしておくポイントをご紹介します。

ページ構成のチェック

まず、ホームページ制作会社に依頼すると行われるのがデザインの作成かと思います。

しかし、いきなりデザインを作成する場合は、注意が必要になり、デザイン上でのホームページの修正は非常に手間のかかる作業になるため、一般的にはパワーポイントあるいはエクセルを使ってワイヤーフレームと呼ばれる線画の作成から始めます。

このワイヤーフレームでは、例えばトップページであれば、メイン画像の下は多くのユーザに見られるため、最も重要なテキストを配置させたり、サービスについての優劣は比較的緩いがその中にも優劣があるの出れば、左上に優先度の高い情報配置を行ったりします。

このように情報の優先順位をしっかりと定めていくことで、デザイン上での修正を最小化することが可能になり、より成果の出るホームページ制作が可能になります。

そのため、ワイヤーフレームなしでいきなりデザインを行うことは、JPGの修正が必要になるため、ワイヤーフレームを作成することでホームページ制作会社の修正が楽になり、お客さまは情報の優劣がしっかりとしたホームページ作成を行うことが可能になります。

デザインのチェック

ホームページ制作会社が作成したJPGの確認を行うのですが、その際には、実際に自分で更新を行う想像をしてみて、確認することも重要になります。

例えば、一般的なことですが、ブログなどを運営している場合に、トップページにブログのアイキャッチ画像が表示されます。

この画像は自分がホームページの更新を行ったらどこに表示されるようになるのかや、JPGでは画像があったほうがきれいなため画像を入れているが、毎回画像を用意するのが大変だなどを検討することで、より更新がしやすくそして、最適なデザインへと仕上げていきます。

特にデザインを確認する際には、それだけにとどまらず、フッタなどのあまり人が見なさそうな箇所を注力して確認することで、意外な修正点を発見することが可能です。

デザイン作成では、単にぱっと見の印象を得るものではなく、コーディング後は内容によっては修正ができないこともあるため、しっかりと確認を行っていく必要があります。

テストアップサイトの確認

デザインが決まればすべてのページのホームページ化を行いますが、その際には、できる限り多くのブラウザで確認作業を行うようにしなくてはなりません。

これは会社によりますが、あまり大きなホームページ制作会社でなかった場合、このチェック作業を簡略化させ、十分なブラウザでの確認を行っていないことがあります。

もちろんそれは、単にサボっていると言うのではなく、作業時間短縮のために、あまりレイアウト崩れが起こらないであろうブラウザがターゲットになるのですが、稀にデザインによってはレイアウトが崩れてしまうこともあるのです。

そのため、ホームページ制作を依頼する会社の規模が小さい場合は、注意深く自分でホームページの確認を実施することがお薦めです。

ちなみに一般的なホームページの確認ブラウザでは、IE・edge・クローム・firefox・オペラ・アイフォンの初期ブラウザ・アンドロイドの初期ブラウザになります。

管理画面のチェック

多くの場合ホームページ公開直後、あるいはホームページのチェック期間中に行われないのが、この管理画面の確認作業になります。

この確認作業はしっかりと行っておかなくてはならず、実際にホームページ制作会社がテストアップが完了したら、必ず自分で管理画面を一度登録してみて、不具合がある場所はホームページ制作会社に伝えるようにしましょう。

納品から一般的には3ヶ月程度も経つと、そのホームページの修正作業が有料になってしまうことがあるため、無料期間に直すことで、無駄なコストを書けないホームページ制作とすることが可能になります。

もし、実際に自分でホームページの更新業務を行って、分からない箇所や操作性が悪い箇所については、改善できるかの確認を行い、できる箇所はしっかりと改善していかなくてはなりません。

公開後のチェック

ホームページを公開後も確認作業を行わなくてはなりません。

その作業とは、SEOやホームページ運営に関わるツールがしっかりと導入されているかになります。

ツールについては、実際に1週間ほど期間を開けてデータがしっかりと落ちているのかを確認すること、まあSEOにおいてはホームページの更新がしやすいかどうかの最終チェックを行うことになり、どちらもそこまで時間のかかる作業ではないため、必ず行わなくてはなりません。

ホームページ制作は気を付けることが多い

ホームページ制作で気を付けるポイントをご紹介しましたが、今回ご紹介した内容は、ホームページ制作会社セブンデザインのワークフローからの内容になっており、ホームページ制作会社ごとに気を付けるポイントは異なります。

しかし、確認作業を面倒だからという理由から行わないと、さまざまな問題を抱えたホームページになってしまい、さらには期間が空き過ぎた場合には無料対応を行ってくれない可能性もあります。

そのため、是非これからホームページ制作を実施される方は、しっかりと確認作業を行い、効果的なホームページ制作・運営を行うようにしましょう。

-ホームページ制作

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.