大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

中古ドメインとその効果

更新日:

ホームページを制作する際に、中古ドメインを購入するか新規ドメインで制作するかをお悩みの方は多いのではないでしょうか。

中古ドメインを購入することは、さまざまなメリットがあると言われており、特にサテライトサイトにおいては、中古ドメインで購入される方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、これからサテライトサイトを構築しようとお考えで、中古ドメインにするか新規ドメインにするかでお悩みの方向けに、中古ドメインを購入するメリット・デメリットをご紹介いたします。

ドメイン年数

検索エンジンは、ドメイン年数が長いウェブサイトからのリンクを高く評価します。

そのため、中古ドメインの場合であれば、長く運営されているため、必然的にドメイン年数は長くなります。

しかし、ドメイン年数をあまりに意識してしまうと、中古ドメイン以外の選択がなくなってしまいますし、また万が一新規ドメインでホームページを制作する場合に、ドメイン年数を意図的に増やすことができないため、対策を取ることができません。

そのため、ホームページ作成やサテライトサイト制作においては、ドメイン年数はあまり意識せずホームページを作成したほうが良いと言えます。

リンクの有無

中古ドメインには、もともと運営を行っていた会社が付けた被リンクが付いていることがあります。

また、リンクを張っているだけではなく、運営年数も長いため、比較的ホームページにあるすべてのページを検索エンジンが認識していることも多くあります。

そのため、ホームページを制作後、中古ドメインのウェブサイトからリンクを張るとすぐに成果が出ることが多く、非常に効果的なもののように感じられます。

しかし、リンク元のドメインが本体サイトと関連性のないウェブサイトであった場合などは、リンクの効果を得ることはできないため、しっかりと調査を行ってから中古ドメインの購入を行うようにしなくてはなりません。

インデックス状況

中古ドメインのウェブサイトの場合、あらかじめ検索エンジンにさまざまなUDLがインデックスされています。

もともと存在していたホームページの中ページの多くはグーグルに登録されており、そのため、ドメイン購入後に新規ページを作成した場合、URLが同じであれば、検索エンジンの認知度は非常に高いものになります。

その認知されている期間が長いページからのリンクは、SEO効果が比較的高くなる傾向にあるため、SEO効果を大幅に向上させることが可能です。

中古ドメインは必要かどうか

ホームページを新規制作あるいは、サテライトサイトを作成する際に、新規ドメインにすべきか、中古ドメインにすべきかは非常に難しい問題になります。

ちなみに弊社では、ドメイン年数をあまり意識せず、新規ドメインでの制作をご提案いたしております。

その理由は以下になります。

被リンク効果

中古ドメインであった場合、被リンク効果は確かに見込めますが、その被リンク自体がどこからリンクをされているのか、またどのようなホームページからリンクをされているのかを詳しく知ることはできません。

また、まったホームページによっては、スパムサイトとして認識されており、被リンクを無効化されていれば問題ありませんが、最悪のケースでは、検索順位を落としている被リンクの可能性もあります。

そのため、被リンクが付いているウェブサイトであったとしてもその被リンクが効果的であるかどうかは別問題になるため、弊社では中古ドメインの購入はオススメしておりません。

インデックス状況

中古ドメインを購入すると、予めさまざまなページが認識されています。

検索エンジンは、新規でホームページを作成した場合、すぐにすべてのページを認識してくれることはなく、比較的長い時間をかけて、検索エンジンはすべてのページを認識してくれます。

比較的長い時間とは、どれくらいの時間のことを言うかと言うと、ウェブサイトの種類や制作法によって異なりますが、早いサイトで2,3カ月、長いサイト出れば、1年ほどの期間が必要になってしまいます。

そのため、ホームページを制作してすぐに成果を求めるのであれば、中古ドメインも選択肢の一つにはなりますが、ホームページの成果を半年前後様子を見ていくと言うの出れば、新規ドメインでの制作をお薦めいたします。

SEOは短期ではない

これからSEOを行おうとお考えの方は、とにかくSEOを短期的なものとしてとらえるのではなく、中長期的にSEOを考えていかなくてはなりません。

SEOとは、グーグルが推奨するテクニックを駆使したホームページ作成ではなく、検索エンジンユーザのニーズに対してホームページを最適化していくことになります。

そのため、SEOを実施したいとお考えであれば、グーグルアナリティクスやグーグルサーチコンソールなどのグーグルが提供する各種アクセス解析ツールを導入し、定期的なホームページの改善を継続して行っていかなくてはなりません。

そのため、即効性を求めるのではなく、時間をかけてホームページ内部を改善していくようにすることで本当に検索エンジンから高く評価されるウェブサイトへと成長させることが重要になります。

まとめ

ホームページやサテライトサイトのドメイン選びは非常に難しいものになります。

SEOを行う場合、その効果をすぐに得たいと考えてしまいがちで、割高の中古ドメイン購入をご検討の方も多くいらっしゃいますが、弊社ではできる限り新規ドメインでの制作をお薦めしております。

その理由は、ドメイン費用が比較的割高になっていることと、被リンクなどについては、まったく制御ができない点があります。

現在、新規ホームページ作成やサテライトサイトの構築をご検討の方の参考になりましたら幸いです。

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.