大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

SEOの基本知識

更新日:

弊社ではホームページ制作時にSEOの提案を実施しているのですが、このSEOは昔と比べるとかなり一般的になってきています。

このSEOにおいては、基本的にはページ作成が必要になるのですが、実際にSEOの話をしているとお客さまにおかれましてもページ作成の重要性はしっかりと理解して頂けているので、非常にスムーズな提案が可能になります。

ただこのSEO対策においては実は、嘘とまでは言わないまでも間違った情報も多くあり、これらの間違えた情報を仕入れている場合には、しっかりと説明をいたしております。

そこで今回は弊社がホームページ制作を行う際に、SEOの提案をしているのですが、その時に基礎情報としてお客さまに知っていただきたい情報をご紹介いたします。

ホームページ制作会社が行うSEO

ホームページ制作会社のSEO

弊社は大阪のホームページ制作会社でSEO提案を行っております。

このSEO提案については最近であれば、かなりお客さまの知識も高いものになるので、実はかなりスムーズな提案が可能なのですが、しかし実際にすべてとは言いませんが稀に間違えた情報を覚えてしまっている会社さまもいらっしゃいます。

これはグーグルがSEOの情報をすべて発信しているわけではないことが要因になり、これらの間違えた対策を見たときに、例えばツイッターで多くの方からフォローされている方が、このような方法があると発言するとそれが実際に検証されて効果があった対策のように思われるのです。

そしてその情報を見て多くの方が良いねやリツーイトしているとそれを真実として認識してしまうのですが、実際にはこの対策をやっても上がらないということが多くあるのです。

そして弊社ではこれらの話をしていて、もちろんすべてを否定はできないまでも、実際にこれまで弊社がSEOを行ってきた限りでいうと、間違えている情報を言われる方も多くいらっしゃります。

そこで今回はどのようなSEO対策が正しいのかを弊社で把握している限りでご紹介をいたします。

文字数とページ数

文字数とページ数

まずSEOを考えると文字数とページ数は多いほうが良いということを言われることがあります。

このSEOと文字数については実は、半分正解で半分間違った情報になっております。

まずページ数についてですが、しっかりとURLがルール化されている場合においてはページ数が多いほうが確かに有利になっており、このページ数はしっかりと増やしていくことが必須です。

問題は文字数になっており、この文字数は多ければいいと思われる方がちらほらいますが、実はそのようなことはありません。

どういうことかというと基本的にこの文字数は適切であることが求められており、この適切であるというのは例えばブログコンテンツであれば、1500文字位になり、多くても3000文字程度になっております。

弊社がこれまで計測してきた限りで言うと、3000文字を超えるページは、確かに一時的に上がることはあるのですが、しかし長い期間で見ると、上がった後に落ちていることが多くあり、おそらく文字数が多いと言っても3000文字程度であれば、そこから先は、ほとんど評価対象になっていないように思われます。

効率だけを考えると1500文字が良いのですが、最低ラインを1500と定めて後はそのページに書くこと次第で無理に増やすことはないと思います。

そして次にこの文字数の考え方は実は作成するページのテーマによって異なっており、例えばトップページを何文字にするかという問題についてはある程度の文字数(大体1000文字台)であれば、実はそこからは先はほとんど影響がないように思われます。

そしてホームページ制作をしたらSEO効果を高める必要があるのですが、このSEO効果を高めるためには、一般的にはスタッフブログなどを制作してノウハウの記載をお願いしていますが、実はそれだけでは問題があり、その問題とは更新が大変過ぎることになります。

スタッフブログは確かに弊社が色々なコンテンツを制作してきた限りで言うと、最も効果的であるように思われるのですが、ただしその分更新が非常に大変なものになっております。

そのため、代わりに画像関係のコンテンツを制作して、それをしっかりとグーグルにこのコンテンツは画像をアップするコンテンツであると認識してもらうことで、手軽にホームページの運営が可能になるのです。

SEOは継続が大事

SEOは継続

そしてSEOは継続が大事なものになっております。

基本的にはSEOにおいて重要になるのが、更新頻度になっており、この更新頻度は高ければ上がるというものではなく、週に1記事などでも十分な効果を得ることが可能です。

そして絶対にやってはいけないのが、例えば2ヶ月放置や3ヶ月放置になっていて、これらを行うと検索順位は必ず下がります。

そのため、この更新頻度は落ちないための対策であると認識してその更新作業を新規ページの作成とすることで、本当に効果的なホームページ制作が可能になるのです。

これらを基礎知識として理解いただいていることで、ホームページ制作提案の効率は非常に高くなり、本当に成果の出るホームページ制作も可能になるのです。

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.