大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

SEOを意識したページ作成

更新日:

SEOを意識したときにホームページの更新は確かに大切です。

このページ作成は確かにページ数が多いほうがSEOに効果的になるのですが、しっかりと何をどのようにページ作成を行うかを明確にしていく必要があるのです。

そしてこれらを徹底していくことで、ホームページ制作の成果は飛躍的に高まるのですが、これらの情報をしっかりと仕入れて、そして対策を行うことが重要になっています。

そこで今回は、本当に成果の出るホームページ制作を行うためのページ作成法をご紹介いたします。

ページ数が多いほどSEOに効果あり

ページ数が多いほどSEOに効果あり

まず、ページ数が多いほうがSEOに効果があります。

実際に御社が狙っているキーワードでは分かりませんが、これまで弊社が調査してきた限りで言うと、ページ数対策していないホームページが上位に表示されていることが多くあるのです。

ただしその場合に傾向としては、ライバルよりも、2倍どころか約10倍くらい多いページ数を持っているホームページである必要があり、ここまで作り込めば、おそらく確率的には高い確率でページ作成だけでも上げることが可能のように思われます。

もちろん上がっていないホームページもよく見かけるのですが、このようなホームページにおいては、ホームページの作り事態が間違えているので上がっていないように思われます。

そのため基本としては、しっかりとSEOを意識してホームページを制作すること、そしてライバルのページ数を計算して御社のホームページのページ数を決めることで、本当に効果的なページ作成が可能になります。

では、このページ作成について、なんでもいいから新規ページを作成すればいいのでしょうか?

よく言われるユーザ目線で

よく言われるユーザ目線

そしてこのページ作成においてはよく言われるのがユーザ目線でページを作成することになり、弊社でもこれを推奨しております。

ただし、このページ作成においては、実はなんでもいいから文字数を増やせばいいというものではなく、それぞれのコンテンツに対して最適な文字数で記述していくことが重要になっています。

この最適な文字数については何文字あればいいかというのは言えないのですが、しかしまったくテキストがないページは間違いなくダメで、グーグル曰く少しでもいいのでそれぞれのページにオリジナルテキストを入れることが重要だと言っております。

そのため、まったくテキストがないというのは問題外ですが、しかししっかりとテキストを含んだホームページを制作することで、本当に成果の出るホームページとなるのです。

テキストが多いページ

テキストが多いページ

まずテキストが多いほうが良いページの代表がスタッフブログやコラムコンテンツになっております。

実はグーグルはこれらのコンテンツをそれぞれスタッフブログやコラムコンテンツであると認識しており、それぞれのページの詳しさの判断の一つに文字数を含んでおります。

弊社ではこのコンテンツを提案する機会が多いのですが、実際にこれらのコンテンツは大体ですが、2,000文字での記述を行うことが効果的であると思われます。

ただこの2,000文字はあくまで推測の域になっており、平均で1,500文字のホームページなんかも結構上位表示しているので、1,500文字程度でも成果を出せるようになっていると思われます。

ただ、これからスタッフブログなどを制作する方は、最低でも1,500文字のページをしっかりと作成し続けることでSEO効果を出せるということが可能です。

テキストが少ないページ

テキストが少ないページ

そして次にテキストが少ないページについては、どのようなページが良いのでしょうか。

これについてはコンテンツをしっかりと検討していく必要があり、代表的なのがメーカーさまのホームページにおいては、商品ページなどは文字数が少なくてもグーグルは評価してくれます。

また、さらには弊社で把握している中で、写真系のコンテンツなども、文字数が少なくて良いものになっており、ただしこれらは本当にユーザに役立つものを公開することが重要になっております。

このように実際として文字数が少なくても良いページは存在しますが、これらはホームページ制作前にしっかりと定めていくことで、期待以上の成果を出せるようになっております。

ページ数が多いほうが有利だがそのページの特性を考える

ページの特性を考える

基本的にはSEOにおいて、ページ数が多いほうがSEOに効果的であると思われます。

そしてこのSEOに効果的な文字数については実はそれぞれのページに対して考える必要があり、例えば文字数が多いほうがSEOに効果的だからと言って、トップページの文字数を増やすことは実はそれほど重要ではないのです。

そしてこの文字数の考え方がないとどんなにSEO対策を行うためにページ作成を行っても成果を出せるようなものではないので、しっかりとこういうコンテンツを制作しよう、そのためには何文字くらいのページが必要だという指標を持ってページ作成を行うことで本当に効果的なホームページ作成が可能になります。

SEO対策は本当に大変なものになっておりますが、しっかりと対策建てて行うことで、御社の期待を超えるホームページの成果となるのです。

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.