大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

SEO・SEM

SEOのためのリライトって必要?

更新日:

SEOをしていると、どうせSEOをするならば効率を高めたいと思い、色々と調べられると思います。

そしてこのSEOを調べることで、新規ページ作成もそうだが、リライトが大切という記事を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

このSEOのためのリライトは確かに大切なものになるのですが、しかししっかりとリライトを行う目的を明確にしなくてはなりません。

そこで今回はこのリライトに関してあくまで弊社の考え方をご紹介いたします。

SEOのためのリライト

SEOのためのリライト

まずSEOにはリライトがどれくらいの効果があるのでしょうか。

この効果については、確かに効果があるものと言えるのですが、しかし実際に新規ページ作成の方が効果を出すことが可能です。

ただし、ここで問題になっているのが、リライトを行うということは、そのページの内容が一新されることになるので、実はそのページがすでに検索順位が上がっていた場合に、現状上がっているキーワードでの順位が落ちる可能性があるのです。

そしてさらにはこのリライトは実際に弊社がやってみた感想としては、トップページにも影響を与える可能性があり、闇雲にリライトをすると、トップページの検索順位が大きく下がってしまう恐れもあるのです。

そのため、弊社では、SEOのためのリライトを行う前に事前に調査をしっかりと行い、そしてグーグルが定める質を落とさないようにリライトを行っていただいております。

リライトよりも新規ページの作成

リライトよりも新規ページ作成

このように確かにリライトは、検索順位が上がる可能性もありますが、しかし逆に落ちてしまう可能性もあります。

そのため、弊社の提案としては、そのような可能性を含むものをリライトしていただくよりも、基本的には新規ページ作成をお願いすることが多いと思います。

この新規ページの作成であれば、しっかりと上げたいキーワードに対しての原稿を書くことで、マイナスになるということはなく、効果が0あるいはプラスという結果になるのです。

もちろん成約率を気にしているホームページにおいては、このリライト作業は必要ですが、弊社がサポートしているホームページの大半は、まだまだ集客力が足りない(と言ってもホームページによってはかなりの数は来ている)と考えられることが多いので、成約率対策よりも集客力対策に力を入れて頂いております。

このようにリライトには基本的には段階があり、集客においてで言えば、リライトをするよりも新規ページを作成したほうが効果を出せるものになっているので、しっかりと新規ページ作成を行うようにしなくてはなりません。

ここで問題になってくるのが例えば弊社のホームページであれば基本的にはホームページ制作大阪で集客ができればいいのですが、しかし中ページにはSEO対策があり、実はSEO対策なんかも集客したいキーワードになっております。

ホームページのテーマ以外

ホームページのテーマ以外

例えば弊社はトップページはホームページ制作ですが、中ページにはSEOサービスのページがあり、SEOなんかも集客キーワードになっております。

このときにSEOという単体のキーワードにおいては、このページしかないので、SEOで上げたい場合はこのページをリライトしていく必要があります。

ここでリライトをしてホームページの成果を下げるわけにもいかないので、ある程度リライトは必要だけどどうしようと考えたときにSEOの評価基準をベースに考えると良いでしょう。

どういうことかというと、基本的にはSEO対策において大切になるのが、コンテンツにもよりますが、記事系コンテンツにおいては文字数が大切になっており、これらの文字数を最適化させることで、ホームページの成果は高まります。

そしてこの文字数においては、コンテンツによりますが、大体2,000文字ほど必要だと考えており、これらの文字数をキープすることでより効果的なホームページとなるのです。

このようにリライトを行う際にはもちろんですが、ユーザ目線で考える必要がありますが、しかし検索順位を落とさないためには文字数であったり、キーワードの使い方なども考える必要があり、これらを徹底していくことで、本当に成果の出るホームページとなるのです。

リライトが必要かを考えよう

リライトが必要か

そしてSEOのためにホームページのリライトを行う際には、本当に御社のホームページはリライトが必要かを考える必要があります。

とにかくSEOだけのためであれば新規ページの作成が圧倒的に効果を出せるようになっており、これらをしっかりと行う必要があると弊社では考えております。

ただし、現状新規ページを作成しているコンテンツがスタッフブログなのに極端に文字数が少ない場合においては、もしかしたらリライトをしたほうが良いこともあるのですが、これらをしっかりと検討して対策を立てることで、本当に成果を出せるようになっております。

現在グーグル検索やツイッター検索を行うと、ちょっとした文字数で上がったと書かれている記事を見かけますが、基本的にはグーグルはちょっとした改定は無視してきますので、リライトを行うのであれば、がっつりと変更することが大切です。

そのため、本当に必要かどうかを最大確認して、必要であればしっかりとユーザと検索エンジンを意識して効果が下がらないようにリライトすることで、成果の出るホームページ制作となるのです。

-SEO・SEM

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.