大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

ホームページ制作

ユーザ視点のホームページ制作の効果

更新日:

ユーザ視点のホームページ制作の効果は非常に高いものになります。

このユーザ視点のホームページ制作においては、基本的には、ホームページの見た目ばかりを気にされるかもしれないのですが、しかし実はユーザ視点のホームページ制作においては、ホームページ外にも着目しなくてはなりません。

このユーザ視点のホームページ制作においてはこれらを徹底して行うことにより本当に成果を生み出せるようになっており、しっかりとこれらを行うことこそがユーザ視点のホームページ制作となるのです。

そこで今回はユーザ視点のホームページ制作とはどのようなものなのか、またユーザ視点のホームページ制作の効果についてご紹介をいたします。

ユーザ視点のホームページ制作

ユーザ視点のホームページ制作

ユーザ視点のホームページ制作は今や当たり前のように行われるものになりました。

このユーザ視点のホームページ制作は非常に難しく、実際にホームページ制作会社がホームページを制作したときに、どうしてもお客さまからすればデザイン性ばかりを着目してしまうのですが、実はデザイン性だけが問題になるのではありません。

このユーザ視点のホームページ制作では、基本的には、もちろんデザイン性も重要になるのですが、しかしここで重要になってくるのが、デザイン性だけではなく、実はSEO対策などの集客についてもユーザ目線でホームページ制作を行う必要があるのです。

そしてこのユーザ視点のホームページ制作は簡単に言うと、ホームページの内外すべてをユーザのために制作することになっております。

そのためぜひユーザ視点のホームページ制作を行っていただくことで、本当に御社のホームページは成功して期待以上の成果を得ることが可能なのです。

デザイン性

デザイン

まずユーザ視点のホームページ制作を行ううえで、しっかりとデザイン性を高めることが重要になっておりこのデザイン性を高めるためにはあるポイントが必要になっております。

そのポイントとは、まずホームページのデザインを作成する際にしっかりとターゲットを定めることが重要になっていて、これらをしっかりと定めることで、ホームページのデザイン性は非常に高くなるのです。

どういうことかというと基本的にはホームページを制作する際には、ターゲットを定めてホームページを制作するのですが、このホームページ制作のターゲットでは、実はデザイン性を高めることができないのです。

例えばホームページ制作段階で定めるターゲットは例えば弊社であれば【ホームページ制作 大阪】で検索するユーザというように、結構検索順位をベースに検討をいたします。

しかしこのターゲットだけであれば【ホームページ制作 大阪】で検索する人が好むデザインをまったく想定ができないものになってきます。

そのため実はユーザのためのホームページ制作を行う際にはデザイン性を高める必要があり、そのデザイン性を高めるためには、実はデザイン作成ようにターゲットを定める必要があるのです。

そしてこのデザイン作成のターゲットにおいては、具体的であればあるほど良いものになり、例えば御社のターゲットが、btob企業、40代の決裁者、男性と分かれば、そのホームページの系統をある程度把握することが可能になるのです。

そのため、ユーザ視点のホームページ制作では、基本的にはデザインターゲットを別で定めることが重要になっていて、しっかりとこれらを定めることで本当にユーザ視点のホームページ制作となるのです。

ユーザのためのページ原稿

ページ原稿

そして次にこのユーザ視点のホームページ制作でかなりハードルが高いのが、原稿作成になってきます。

この原稿作成は弊社では、ホームページ制作会社である弊社も考えますが、しかし最終的に考えるのはお客様になっております。

この原稿作成のポイントについては、基本的にはそのページに訪問したユーザがどのようなキーワードで検索エンジンから訪問するのかを考え、そしてそのキーワードで訪問者が訪れたときにどのような情報を見てくれれば成果に繋がるのかをしっかりと考えることが重要になってきます。

そしてこれらを徹底して行うことで、そのページを見たユーザは本当に説得されて御社のホームページでお問い合わせなどを行ってくれるようになるのです。

この原稿作成は本当に大変ですが、基本的には上げてしまえば後はそこまで原稿を変えるということはありませんので、とにかく大変でもしっかりと行うことでホームページの成果は最大化するのです。

被リンクもユーザのために

被リンク

そして最後にユーザ視点のホームページ制作においては実は被リンクなどのホームページ外にも力を入れなくてはなりません。

このホームページ外については自社で対策が行える場合と行えない場合があるのですが、行える場合はしっかりとこの外部のホームページも最適化を行うことで、そのリンクをたどって訪れたユーザの質を高めることが可能なのです。

そのため、ユーザ視点のホームページ制作においてはこれらをしっかりと行い続けることが重要になっており、この外部にまでしっかりと考えることこそが本当にユーザのためのホームページ制作となるのです。

ただ、このホームページの外部は後から更新しようと考えるのではなく、そのタイミングでしっかりとした情報を掲載したり、さらには見つけたときにそのホームページへとこうして欲しいということを送るようにしましょう。

基本的にはホームページの内部だけでもかなりの労力なので外部までしっかりと管理していくことは滅多にないため、その場その場で最適な被リンクとすることが重要になるのです。

ユーザ視点のホームページ制作の成約数

ユーザ視点のホームページ制作の成約

そして最後にユーザ視点のホームページ制作の成約数はどれくらいあるのかという点ですが、これは非常に成約数は業種によって異なりますが、しかし非常に高い成約率となります。

実際に弊社のホームページ制作実績でホームページ全体をそして外部のホームページもユーザ視点で制作した結果、非常に多くの成約数を獲得していたので、お客さまとしても現在このユーザ視点にこだわってホームページ運営を行っていただいております。

このようにユーザ視点のホームページ制作は非常に難しいですが、行えば必ず集客と成約で成果を出せるのでしっかりとユーザ視点のホームページ制作を行うようにしましょう。

-ホームページ制作

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.