大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

ホームページ制作

ウェブデザインの参考になるギャラリーサイト7選

更新日:

ホームページ制作をこれから勉強しようとお考えの方や、新人ウェブデザイナーの方は、ホームページを制作する際に、いきなりウェブデザインを作成しようとしてしまうと、なかなか良いアイデアが思いつかなかったり、そもそもクライアントとイメージの相違があり、何度も修正させられたり、まったくターゲットユーザに最適化されたデザインではなく成果が出ないデザインを作成してしまったりなど、問題のあるウェブデザイナーになってしまいます。

そのため、制作しようとしているウェブサイトと同業のホームページを確認したり、流行りのウェブデザインで作成しているホームページを確認してからウェブデザインを作成することが一般的ですが、1つ1つのホームページを検索して確認していては、ウェブデザインの参考サイトを見つけるだけでも、多くの時間がかかってしまいます。

そこで今回は、最新のウェブデザインを紹介しているウェブデザインのギャラリーサイトをご紹介いたします。

ギャラリーサイトを活用することで、さまざまなホームページを効率よく確認することができます。

ギャラり―サイトのご紹介

弊社がホームページのデザインを作成する前に確認するウェブデザインのギャラリーサイトをご紹介いたします。

MUUUUU.ORG

縦に長いレイアウトのウェブサイトを集めたギャラリーサイトになります。

業種やデザインの系統、ホームページのタイプ、メインカラーで絞り込みが行え、またそれぞれがかなり細かく細分化されているため、見たい系統のホームページをピンポイントで見つけることができます。

> MUUUUU.ORGはこちら

bookma!

レスポンシブウェブデザインで制作されているウェブサイトは、PCとスマートフォンの表示を横並びにして確認ができるギャラリーサイトになります。

絞り込みは、シンプルにサイト内検索のみになっていますが、業種やメインカラー、ホームページのタイプなどで検索が可能です。

> bookma!はこちら

I/O 3000

国内だけではなく、海外のサイトも同時に確認できるギャラリーサイトになります。

カテゴリーやタグ、メインカラー、ホームページの掲載年月、キーワード検索が行え、さらにはシャッフル機能があるため、サムネイルで参考にしたいホームページがないと判断したら、シャッフル機能を使うことで、効率よく参考サイトを探すことが可能です。

> I/O 3000はこちら

Web Design Clip

もともとは、会員登録を行わずに、クリップして、後でまとめて確認することができたギャラリーサイトですが、現在はクリップ機能がなくなっています。

しかし、その分、ホームページの探しやすさは格段に向上しており、日本のホームページや海外のホームページ、ランディングページ、スマートフォンに対応したウェブサイトのコンテンツがあり、そこからカテゴリーやメインカラー、サブカラー、タグでの絞り込みが可能です。

また、気になるホームページを見つけたら、いきなり該当のウェブサイトに移動するのではなく、一度ウェブデザインクリップ内にある詳細ページに行くことで、テイストが似ているホームページを紹介してくれます。

> Web Design Clipはこちら

Responsive Web Design JP

日本国内のレスポンシブウェブデザインで制作されたホームページを紹介するギャラリーサイトになります。

カテゴリーやカラー、サイトタイプで絞り込みが行える他、ジェイクエリーやワードプレスなど、制作スキルでの絞り込みも行えます。

また、PCとタブレット、スマホでの表示が横並びになっているため、レスポンシブウェブデザインの参考サイトを探す際には、非常に便利なギャラリーサイトになります。

> Responsive Web Design JPはこちら

WeLoveWP

国内のサイトは見当たりませんが、ワードプレスで制作されたホームページを紹介するギャラリーサイトになります。

タグとメインカラーでの絞り込みに加えて、サイト内検索を設置してくれています。

> WeLoveWPはこちら

81-web.com

国内のウェブサイトを紹介するギャラリーサイトになります。

カテゴリーとメインカラー、タグでの絞り込みが行える他、Favorite機能があり、気になるウェブサイトを見つけたら、1つずつ確認するのではなく、Favoriteに入れておくことで、後でまとめて確認することができます。

> 81-web.comはこちら

より優れたデザインを作成するために

上記でご紹介したのは、弊社がメインで利用しているウェブデザインのギャラリーサイトになりますが、この他にもさまざまなギャラリーサイトがあり、上記以外のギャラリーサイトを利用することもあります。

ウェブデザインを作成する際には、ディレクターからのワイヤーフレームを自分の頭の中にあるデザインの引き出しだけで対応するのではなく、参考サイトを見ながら、よりユーザにとって、機能性が高く、魅力的なデザインとするために、ギャラリーサイトを確認するようにしなくてはなりません。

また、ギャラリーサイトでよいウェブデザインが見つかったら、そのウェブデザインをディレクターはもちろん、クライアントさまと共有することで、デザイン効率やデザインの質などをさらに高めることが可能です。

まとめ

今回は、弊社で利用しているギャラリーサイトをご紹介させていただきました。

ご紹介させていただきましたギャラリーサイトで、良さそうと思えるホームページがあれば、是非ブックマークをして、デザインを作成する前はもちろん、手の空いている時間などを使って確認することで、自分の引き出しをより多く持つことが可能です。

これからウェブデザインの勉強をされる方や、新人デザイナーの参考になりましたら幸いです。

-ホームページ制作

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.