大阪のホームページ制作会社の勉強用ブログ

WEB・ITの最新ニュースブログ

セキュリティー

ワードプレスのバックアップ

更新日:

ワードプレスのバックアップを取っていますか?

このワードプレスのバックアップについては、あまりとられる会社さまも少ないと思いますが、実はこのバックアップを取ることで、安心で安全なホームページ運営が可能になります。

このバックアップにおいては、基本的には、自動でできれば最も良いのですが、実際にはそのようなことはなく、しっかりと手動で行う必要があるのです。

そこで今回はこのワードプレスのバックアップ法についてご紹介をいたします。

ただし、今回の記事は具体的なバックアップ法は【ワードプレス バックアップ】などで検索すれば出てくるので、どのような考えでバックアップを行えばいいかについてになります。

ワードプレスのバックアップは2種類行う

バックアップは2種類

まず初めに普通のホームページであれば、FTPを使ってサーバー情報をそのままバックアップすればいいのですが、ワードプレスは異なってきます。

ワードプレスのバックアップについては、基本的にはサーバー内のデータを落とすだけではなく、データベースの情報も落としておく必要があり、この2つをしっかりとバックアップすることで、バックアップ収集時の状態にホームページを戻すことが可能です。

ホームページのバックアップというと、昔は結構サーバー情報だけを補完するという考えでしたが、最近はしっかりとワードプレスの仕組みを理解し、そして正確には異なりますが、ワードプレスで更新した情報はすべてデータベースに保管されているとご存知の方も増えておりますので、この理解については結構スムーズなものになってきております。

サーバーデータのダウンロード

サーバー

まず初めにワードプレスでホームページを制作したらサーバー情報のダウンロードを行います。

このサーバー情報のダウンロードにおいては、一般的には皆さんそこまで苦痛なくしてダウンロードを行っていただくことが可能になっております。

そしてこのサーバー情報のダウンロードにおいては、実は結構容量が大きいものになっているので、それなりに時間がかかるものになっており、意外とお客さまによってはサーバー情報をダウンロードしてくださいと言ってから、放置されることが多くあります。

ただ、このサーバー情報をダウンロードすることは非常に重要なものになっていて、しっかりとこれらを行うことで、本当に安心安全なホームページ運営となるのです。

そしてごくまれにですが、お客さまによっては、DLに失敗してうまくできないという方もいらっしゃいますが、その場合は有償になりますが、弊社でバックアップを取り、そのバックアップをお送りさせていただいております。

そしてこのバックアップをしっかりと取っていくことで、ホームページ運営フェーズにおいては、そこまで大変なものにならずしっかりと行うことで期待以上の成果の出るホームページとなるのです。

データベースのバックアップ

データベース

そして次にデータベースのバックアップがあるのですが、このデータベースのバックアップにおいては、基本的にはワードプレス制作をしている場合はプラグインなどを利用していくことで、一気にその安全性が高まるものになっております。

どういうことかというと、このワードプレス制作においては、基本的にワードプレスの管理画面を使って更新した内容はすべてデータベース側に保管されていると認識していく必要があります。

そのため、サーバー情報をバックアップしたからと言って、すべての情報がバックアップを取れたのではなく、ワードプレス制作のバックアップは、プラグインなどをダウンロードしてしっかりとデータベースの情報を、もしオリジナルシステムを構築している場合は、そのホームページ制作を行った制作会社に相談をすることで、正しいホームページのバックアップを取ることが可能なのです。

ワードプレスのバックアップは必ず行う

バックアップは必ず行う

ワードプレスのバックアップについては基本的には、しっかりと行うようにしましょう。

もちろん今回はワードプレスと言っていますが、基本的にはすべてのホームページでバックアップを行うことが重要になっております。

もちろん何も問題が起こらなければそれでいいのですが、しかし何かしらの問題が発生してバックアップを取っておけばという事態になってから対応すると、かなりの予算が必要になる可能性があるのです。

そのため、確かにバックアップを取ることは手間がかかり面倒ではありますが、しっかりと取っておくことで、本当に安心安全なホームページ運営が可能なのです。

そしてこのバックアップ収集を弊社は大阪のホームページ制作会社になり、代行はしているのですが、しかしこの作業は単純に時間がかかるだけのものになっており、基本的にはお客さまにバックアップの取り方をお伝えし、お客さま自身で行っていただいております。

周期的には別に毎日とる必要がなく、何か大きな更新をした際、あるいは週一、月一というように状況に合わせてルーチンワーク化させることで良いでしょう。

-セキュリティー

Copyright© WEB・ITの最新ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.